乳液で水分補給された肌の潤いを閉じ込める

スキンケア化粧品の中で、乳液を使用しない女性は意外と多いようです。その理由として、「べたつく」「油分配合だと肌がテカる」などという意見が多いです。しかし、乳液は肌にとって大切な役割を果たしているのです。
化粧水と乳液の違いは、化粧水はそのほとんどが水分で出来ており、油分は含まれていません。一方乳液は、化粧水とは違い全体の20%~30%程の油分が含まれています。この油分は、化粧水で水分補給され潤いの戻った肌が維持されるように、蓋をして乾燥を防ぐ役割を持っています。さらにそれだけではなく、乳液自体も潤いを与える働きも持っています。この2つのスキンケア化粧品を使うことで、潤いをダブルで肌に与えているわけです。化粧水のみの使用では、洗顔により肌の水分と油分が失われている状態となっており、化粧水で水分補給をしても油分が無いため、どうしても乾燥を防ぐことは出来ません。
せっかく水分補給をしても、乾燥してしまえば化粧水の意味がありません。従って、乳液で潤いを与えながらきっちり水分も閉じ込めているのです。
乳液の種類には、保湿系・紫外線対策系・ティント系の3つに分けることができます。保湿系は一般的に売られているものを指し、主に上記に挙げたバリア的効果があります。紫外線対策系はUVカット効果があり、保湿に美白効果がプラスされています。またティント系は、保湿をしながら化粧下地としての役割を持っているもので、スキンケア後のメイクをスピーディにさせてくれるので、忙しい方にはとても便利な商品です。ティント系にもUVカット効果のあるものもあります。
効果的な使用方法として、基本は洗顔とのスキンケアで取り入れることが好ましいですが、脂性肌の方はTゾーンやUゾーンの使用は少なめにするか、それ以外で使用すると良いでしょう。また、朝用と夜用と自分の肌に合わせて使い分けるのも効果的と言えます。