減少するコラーゲンとエラスチンは家庭用美顔器で取り入れる!

普段の基礎化粧品だけのお手入れや、月に数回のエステでは、どうしても目に見える効果が現れない…という方にオススメなのが、家庭用美顔器を効果的に取り入れる方法です。
美顔器といえば、ローラー式のものから、導入式、東洋医学の原理を取り入れた「かっさ」のようなものまで様々ですが、たるみやしわへのアプローチが最も大きいのが、導入式の家庭用美顔器です。
たるみやしわは、もともとどうして起こるのでしょうか。
そこには、コラーゲンとエラスチンの働きと作用が関わっています。
ハリや弾力のある若い肌は、ぴんとした張りを保っています。
この土台となっている真皮層は、コラーゲンとエラスチンといった繊維状のタンパク質からなっており、その上にある表皮をしっかりと持ち上げています。
しかし、残念なことに、エラスチンもコラーゲンも、加齢と共に減少します。
ほうれい線ができ、年齢と共に溝が深くなるのもこの為です。
エラスチンのピークは20代と言われていますが、これらを生成する成分を家庭用美顔器で導入することにより、加速するたるみを押さえ、若々しいお肌を保つことができるのです。
また、エラスチンにおいては、一度破壊されてしまったら、なかなか再生されない為、普段の生活習慣に気をつけ、老化を緩やかにすることが大切です。
例えば、不規則な睡眠や食事、喫煙、紫外線などは、要注意です。
コラーゲンは、サプリメントや食事の中で比較的簡単に取り入れることが可能ですが、エラスチンを摂取できる食物はそれほどありません。
家庭用美顔器を普段の生活に適度に取り入れることにより、エステ並みの効果が得られると言っても過言ではありません。
普段からのアプローチが最も大切です。