肌に負担をかけない洗顔方法

お肌は何層もの皮でできており、一番上の表皮は大変薄い構造になっています。
薄い表皮のバリア機能が崩れると、たちまちお肌は痛んでしまいトラブルを発生してしまいます。
お肌は敏感な構造になっているので洗顔の時にはお肌に負担をかけない洗顔方法が最適です。
洗顔方法は、まずクレンジング剤をお肌に馴染ませた後に、洗顔石鹸をよく泡立ててお肌の上に乗せたら、円を描くように優しくマッサージをします。
この時に顔をごしごしとこすったり、刺激を与えるとお肌のバリア機能が崩れる原因になります。
肌の薄い表皮を包み込むように優しく泡でマッサージしたら、必ずすすぎは十分に行いましょう。
洗顔料がお肌についているとお肌にダメージを与えてしまいます。
出来ればぬるま湯で洗顔した方が汚れが落ちやすく、刺激を与えません。
肌に負担をかけないことを意識しながら洗顔を行うことが美肌を作る結果になります。
肌に負担をかけない正しい洗顔方法は、お肌を健やかにする基本中の基本です。
むやみにこすったり、肌に負担をかける洗顔は肌が乾燥し肌荒れの原因になります。
お肌のバリア機能を守るために、肌の汚れはマイルドなタッチで優しく洗顔を行うことが重要な事です。