肌のたるみやしわの原因と予防

肌のたるみやしわの原因は肌の老化です。
肌が老化することにより肌のたるみやしわを引き起こすのですが、これは年齢を重ねただけでの老化だけではありません。
毎日の生活の中で行っている行動により引き起こされる肌の老化もあります。
肌のたるみやしわは若くても起こる症状です。
若い人でこれらの症状を起こしている方は生活の中でこの症状を引き起こす原因を改めることで、たるみやしわ予防になります。
多くの方の原因の一つに紫外線があります。
紫外線に浴びることにより活性酸素が増えます。
この活性酸素は肌を老化させる原因の一つとされ、たるみやしわを予防するにはこの紫外線や活性酸素対策がとても重要です。
外出する際には肌の露出を控えたり、日焼け止めなどの対策を行うことにより肌への紫外線を防ぎ活性酸素対策にもなります。
また、増えてしまった活性酸素対策として効果的なのが抗酸化作用のある栄養素の摂取です。
ビタミンCやビタミンE、βカロテンやアスタキサンチンなど抗酸化作用のある栄養素を摂取することで活性酸素を減らすことができ肌の老化予防になります。
その他にも肌の乾燥やタバコ、不規則な生活なども肌の老化を早める原因となります。
肌の乾燥は肌トラブルの原因となります。
この肌の乾燥は毎日のスキンケアが原因である場合が多くあります。
肌に合わない化粧品などを利用していると肌トラブルの原因となり、結果的に乾燥肌になってしまうことがあります。
タバコは血流を阻害することから老化の原因になりますし、睡眠時には体に必要なホルモンが分泌されたり、疲れた体を再生するために重要な時間です。
このように、普段の生活習慣を見直すことで肌の老化を防ぐことができ、たるみやしわなどの予防になります。